葵ペイント

外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装の役割は?

建物を保護する

建物を保護する

塗装とは「家に服を着せてあげるようなもの」これが本来は塗装の最大の目的で、これによって家の寿命が大きく変わってきます。
建材そのものには防水性がありません。(工場で塗装されている物もあります)
塗装することで建物を紫外線や風雨による腐食から守り、そして老朽化を防ぎ長期間保護します。

建物の美観を保つ

建物の美観を保つ

塗り替えで新築のような綺麗な外観になります。
何十年も暮らす大切な家なので、見た目の美しさも重要なのです。
塗料には美観を損ねる汚れを付きにくくする、または汚れを落ちやすくする機能も持ち合わせています。

外壁の塗り替えタイミング

こんな時は塗り替えだ!!

建物の壁は年月が経過すると、直射日光の紫外線をはじめ、四季を通しての風・雨・雪など天候条件などで徐々に老朽化して行きます。
また塗装をする材料の種類や性質、建物の立地条件などでも老朽化のスピードに差が出ます。
一般的に言われているのが約10年塗り替えです。
しかし、約5~7年程度に一度の頻度で塗り替えるのが、実は最も効率が良いのです。
その理由は、10年以上放置したままの状態から塗り替えを行うと、目には見えない老朽化が進行していて予想外に高額な修繕費用が掛かってしまう場合が多いからです。
塗り替えは大事に至る前に行うことが重要です。
ここでは、大切な家を守る為の塗り替え時期のチェックポイントを紹介しますので、参考にしてください。

カビ・コケの発生

カビ・コケの発生

カビ・コケが外壁の汚れの主な原因です。

塗装面が劣化して、水分を含みやすくなっている状態の為カビ・コケが発生しています。
カビ・コケが目立つようになったら塗り替えの時期です。

目地割れ

目地割れ

[サイディング]目地(シーリング)に割れや硬化・痩せが見られる

雨水などの侵入口になり、中の骨組みなどを傷めたり反りやひび割れを起こす原因になります。

クラック・反り

カビ・コケの発生

[サイディング]ボードに割れや浮きが見られる

水の侵入口になります。一部交換が出来ないので、塗装工事以上の補修費用が掛かる為、早目の補修・塗装をオススメします。

原因を知ることが重要!
●目地に損傷が発生⇒OK
●ボードの損傷⇒塗装・目地の劣化or躯体の構造欠陥?

カビ・コケの発生

[モルタル]クラックが見られる

水の侵入口になります。ひび割れが大きくなれば補修費用が掛かる為、早目の補修・塗装をオススメします。

原因を知ることが重要!
●目地に損傷が発生⇒OK
●縦方向のひび割れ⇒躯体に原因or地震
●横方向のひび割れ⇒躯体に原因
チョーキング

目地割れ

壁を触ると粉(チョーキング)が見られる

塗料が劣化しているサインです。防水性が切れ壁が雨水等を含む事で、クラック、ソリなど様々な症状が現れます。

リシンの場合、手に砂のようなものが付きます。
下地の補修が重要となります。

塗料について知っておこう

用途に合わせた色々な塗料で
あなたの家を守ります

こんなにある、塗料の役割

  • 断熱
    熱を通しづらくし、外壁・屋根の温度を下げる。外の気温に左右されない。CO2削減。光熱費削減
  • 遮熱
    太陽の光をはねかえし熱の発生を防ぐ。外壁・屋根の温度を下げる。夏でも気温が上がりにくい。光熱費削減
  • 光触媒
    太陽の光で汚れを浮かせ雨で洗い流す。防汚、防カビ、耐候性あり。大気浄化で環境に優しい
  • ナノテク
    最新テクノロジー技術で雨で汚れが流れる、難燃性、耐候性の効果あり。速乾性の為工事期間が短い
Copyright (C) 2015 葵ペイント all rights reserved.